私がなぜか明るくなってしまったわけ その4

お待たせいたしました!

さあて、私が明るくなってしまったわけ 第4弾です。

6月に「幸せになってはいけない」と思っていたということを知った私。

その後一ヶ月くらいで徐々に「幸せになってもいい」

自分が幸せになることへの許可ができるように、

自然となりました。

無理なく自然とです。

これ大事です!

むりやり思おうとしたり、思わせても、

なかなかうまくいかないものです。

無意識にある自分の考えと仲良くできないうちは

(無意識の自分を受け入れ、わかってあげられないうちは)

うまくいかないのではないかと

体験的に私は感じています。

さて、幸せになってもいいと思えた私が、

次に解決したのは、

私は子供でいい!ということでした。

つまり、私は子供であってはいけないと思っていたんです

もちろん無意識がですよ。

どいうことが起きていたかというと、

私は子供であってはいけなくて、

いつも頑張っていなくてはいけなくて、

完璧でなくてはいけなくて、

弱音を吐いてはいけなくて、

人を気遣わなくてはいけなくて、

我慢しなくてはいけなくて、

あ~書いていても疲れますね

そういうことが、ずっと子供の頃から起きていたわけです。

私のプロフィールをお読みいただいた方はわかると思いますが、

私は5歳にして小児ノイローゼとなり(^_^;)

その後も、学校の定期試験のたびに熱を出したり、

なんというか、めんどくさい子でありました。

それもこれも、子供であってはいけないという思い込みから、

頑張りすぎ、

我慢しすぎ、

気遣い過ぎ、

そんな、○○過ぎな生き方をしてきたからなのだと思います。

そして、子供であってはいけないと思い込んだ子の特徴は、

親の親になってしまうということです。

つまり、精神的にいつも親の面倒を見てしまうのです。

だから、親のこと、家に起きる事件、家族のこと、

なんでもいつでも気遣って、

私がなんとかしなくては!と背負い込むわけです。

大黒柱ならぬ大黒娘です!(^^;;

親が直接そんなことを言っているわけではないのですが、

幼少期から、不機嫌になりやすい親と

それに右往左往するもうひとりの親、

その両方の顔色を見続けているうちに、

それが私のお役目と思い込んでしまったのでしょうね。

ご家庭によって事情は様々でしょうが、

子供であってはいけないと思い込んだ子供は、

こんなふうに親の精神的な面倒を見続けるパターンが多いようです。

そして、これはなかなか抜けません。

無意識に入り込んだ思い込みですから、

もう性格になってしまいます。

私もそんな性格の人として、

ずっとノイローゼの幼少期から生き続けてしまいました

ガ~~~~~ン!

この思い込み、不都合なこだわり、疲れる性格

つまりリミッティングビリーフを取り外すことが叶えば、

私の人生は変わるはず~~~~!!!!!

というわけで、取り外していただきました。

私は子供

あなたたち親は大人

あなたたちは大きい強い存在で、

私は小さくて弱い存在でいいのだ、

だから私はあなたたちの精神的な面倒を見なくてもいいのだと、

セッションでやっとやっと受け入れることができました。

やっとやっと私は本当の子供になれた~~~~!!!!

めでた~~~い!!!!

それを受け入れられたのは、

セッション後、また数日~数週間かかりました。

この続きは、また次回

佐々川咲菜のT’sメンタルスタジオについてもっと知りたい方は

http://www.ts-studio.org

カウンセリング・セラピーの予約をしたい方は

https://www.yoyakudekitara.com/cgi-bin/mark_rsv/ts-studio/Salon_rsv.cgi

******************************************************

≪お知らせ≫

メール無料相談を受け付けています

どなたでもお気軽に下記フォームからご利用ください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/1e975952230953

現在、メール相談が殺到中で、返信にお時間がかかっています。

気長にお待ちいただけると嬉しいです。