ビリーフに影響された私の失敗お受験子育て

ビリーフチェンジセラピーで、あなたの人生は激変します!

夫婦家族問題14年の経験 心理セラピストの佐々川咲菜です。

 

125710155_3774c291f0

 

 

 

 

 

 

 

by:Robert Whitehead

この写真を見ると、いつもかなり胸が痛みます。

私はこんなふうに子供たちを愛おしく思って育てられなかったから。

いえ、決して愛おしくなかったわけではありません。

とってもとっても愛していたけれど、
その気持ちを行動に表すことができなかったのです。

昨日、ふと思い出したことがあります。

長男が中学受験の勉強をしていた頃、
思い通りに勉強してくれない長男のことを叩いてしまったことがありました。

そして、塾の先生に
「お母さん、叩いて合格するなら、何発でも叩いてください。
どうですか?
500でも1000でも叩いてみたら」

叩いて合格するわけがないことくらい百も承知でございました・゜・(ノД`)・゜・

だから本当に反省もしたし、
そんなことをしてしまう自分のことも責めたし、
もう絶対に叩いたりしないって思いました。

でもその後も、叩かないまでも、ひどく怒って、
罵倒して、長男の心を傷つけ続けました・゜・(ノД`)・゜・

あの頃の私は、
長男が勉強をしないこと、
そして思うような成果が上がらないこと、

だから、このままでは多分、
ランクのいい中学には合格できないだろうと想像して、

それらが、とにかくたまらなく嫌でした。

嫌で嫌で、怖くて、苦しかったです。

結局それも、ビリーフ(思い込み)に縛られていたから、
ビリーフに従った思考をし、感情が湧き、行動をした、
と今ならわかりますが、

当時は、そんなことはもちろんわかりませんでしたから、
ひどい母親だと、反省して、自責して、

それでも、いつまでたっても一向に変わらない自分の言動を
どうにもできないから屁理屈をこねて、正当化していました。

正当化しないと、辛くていられませんでしたから。

ビリーフというのものは、こういうものなんです。

頭の理屈では、どうにもこうにもできないものです。

こんな自分は嫌だ、
やめたい、変わりたい、

そう思っても思っても、どうにもならない。

どうにもできない。

世の中には、悟りを開いたように変わっていく方もいらっしゃるので、
絶対に誰でもビリーフがあったら変われない!とは言いません。

意思が強くて、変われる方もいるのだと思います。

でも、私のような凡人は、
意思の強さでビリーフに打ち勝つことは無理みたいです。

無意識の奥深いところにあって、
特に生き方の土台、ベースとなってしまっているような
生存に関わるようなビリーフは、
なかなかなかなか頭でどうにかできるようなものではないと思います。

生存に関わるビリーフは、
○○な自分では生きていてはいけない
というように思い込んだビリーフです。

たとえば、何かがちゃんとできる私には価値があり、
それができない私には価値がない、

そんな価値がない、できない私は生きていてはいけない、
存在してはいけないんだ、と
ごくごく小さいころに思い込んでしまうと、

何でもかんでも出来のいい私であることが
生きる為の条件となって、
その条件付きで生きることになります。(無意識にそう思いながら生きるのです)

そうすると、子育てでも成果が出ることが大切です。

我が子をちゃんとした子、出来のいい子に育てて、
やっと私は生きていていい、

無意識の深い底の底の方で、そう思い込んでいるので、

どんなに優しいお母さんになろうとしても、
どんなに子供に愛情を注ごうとしても、

どれだけそうしようと固く決意しても、
そう簡単に変わることができないのです。

雷にでも打たれるような衝撃的なことでも起きたら、
もしかしたら変われるかもしれませんが、

多くの人は、普通の生活が続いている限り、
なかなか変われないのです。

私も結局変われないまま長男を中学受験させ、
結果は、やはりそれなりでした。

その後に、心理学を学び、
次から次へ、学びを深めていきました。

そのため、次男の受験の時には、
長男とは違う接し方をしました。

結果、受験には成功しましたが、
次男の育て方には、別の失敗があります。

次男には自由にさせて、気持ちよく受験勉強をさせましたが、
何でもかんでも自由にさせたために、

今度は躾ができていません・゜・(ノД`)・゜・

これってどういうことが起きたのか?

ビリーフに縛られて生きていた私が、
ビリーフを取り外したのではなく、

ビリーフを持ったまま、
行動が180度変化したようなことになっただけなのです。

表面的に変化したように見えるだけです。

たまたま勉強をしてくれた次男にホッとして、嬉しくて、
それじゃあ、なんでもかんでも自由にしていていいわ~と
面倒な躾から目を背けただけ。

それまで、ビリーフにただただ従って縛られて生きていた私が、
今度は、ビリーフに反抗的に生きただけなのです。

○○であってはいけない、
○○であるべき、

そんなのいらな~い!
知らな~い!
そんな生き方しな~い!

と、振り子が反対に振れたように、生きただけ。

無意識にはビリーフを持ったままに。

だから、バランスを欠いて、
大切な躾もせずに、自由だけを与えてしまったんです・゜・(ノД`)・゜・

ビリーフに縛られて、思い込んだまま従順に生きることも、
それに反発して反抗的に生きることも、
実は変わりがありません。

表面の行動が違うだけで、
ビリーフに振り回されて生きていることでは同じです。

取り外されたわけではないビリーフは、
そのまま私の無意識の中に存在し続け、

そしてつい最近まで、場面を変え、人を変えて、
私はビリーフに縛られた思考と感情と行動を続けました。

子育てのあとは、その対象は夫や、
身近ないろいろな人に向けられました。

自分が頑張って、一生懸命に努力して
できる自分、いい子の自分、ちゃんとした自分をやり続けようとする、

無意識は、そうじゃないと生きていてはいけない、生きている意味なし、
そう思っているので、ものすごく頑張る、

自分がものすごく頑張っているのに、
相手に、ちゃんとしていないところを見ると
今度はそれにものすごく腹が立つ、

でも、いい子でいないといけない私は、
不平不満も口に出せない、

これを続けるからストレスが溜まる、
体調が悪くなる、

もちろん対人関係にも影がさす、

ということをやり続けてきたわけです。

たくさんの方々に、ご迷惑をいっぱいかけてしまいました。

ビリーフに縛られた生き方は、ビリーフを取り外してしまわない限り、
場面を変え、対象の人を変えて、続いていきます。

ビリーフを持ったままでは、
思考を変える、感情をコントロールする、行動を変えるという努力は、
苦しいわりに、なかなか効果が出ないものです。

ましてや、出来事を変える、相手を変えるのも無理なこと。

だからもうビリーフを取り外してしまいませんか?

 

ビリーフチェンジセラピーは、

小さい頃に思い込んで決めた生き方、
自分を不幸せにするような生き方を

変えていくお手伝いができます。

あなたも、もう変えてもいいと思いませんか?

変えようと思ったら、本当に変われます。

自分で決めた生き方は、あなたの決断で激変します!

 

 

公式サイトは http://www.ts-studio.org/

[ 営業日時 ]
(水) 13:30 – 20:30 (木)(金) 10:30 – 20:30 (土)(日) 10:30 – 17:00

ご予約はこちら>

[ T’sメンタルスタジオのスマートフォンアプリ ]
スマートフォン用のアプリができました。
アプリ限定のお得な割引情報もございます。
ご予約もアプリからしていただけますので、ぜひダウンロードしてご活用ください。
詳細はこちら>

→App Store
→Google play
T'sメンタルスタジオのアプリ