離婚を決断する前に…

離婚の原因には、金銭に関するトラブル、人間関係に関するトラブル、家庭内暴力といったトラブルなど様々な原因が挙げられます。関係修復が不可能の場合もありますが、修復可能な場合もあります。 こちらでは、離婚を決断する前に考えておきたいことについて記載したいと思います。

親権問題

ご家庭に未成年のお子様がいる場合、親権者を誰にするのか決める必要があります。親権者が決定しなければ、正式に離婚とは認められません。離婚は夫婦間だけの問題ではなく、お子様にも関係してくる問題なのです。身上監護権と財産管理権を決める際は、夫婦間で考えるのではなく、お子様のことを第一に考えて決める必要があります。
また、離婚するにあたって養育費の問題も浮上します。お子様が立派に成長するために必要な費用で、こちらも離婚後のトラブルを避けるためにじっくりと話し合う必要があります。養育費を支払う方法・期間・金額を明確にしておきましょう。必要であれば、公正証書などに記しておくといいでしょう。

金銭問題

上記の親権問題の他、金銭問題についても考えておく必要があります。一般的に離婚ではお互いが納得の上で行う離婚と、どちらか一方に何らかの原因があり行う離婚の2パターンが存在します。後者の場合、慰謝料が発生することもあります。慰謝料の金額は、被害を受けた側がどれだけの苦痛を味わったかによって決まります。 財産面の金銭問題も存在します。婚姻中に築いた財産は、夫婦共有の財産であるため分割されます。財産に当てはまるものは様々なため、その分野に長けた知識をお持ちの方にサポートしてもらう必要もでてくるでしょう。

夫婦関係の修復

「離婚までする必要がなかったのに…」と離婚後に悩む方もいらっしゃいます。そのような後悔をしないために、離婚相談することをおすすめします。 当スタジオでは、離婚相談や恋愛・結婚相談などに関してのコーチング・カウンセリングを主としています。離婚をするにあたって問題は山積みです。夫婦の関係を続けたいのか、続けたくないのかを判断するためには、あなたの心の奥深いところの本当の想いを知る必要があります。それを知らずに離婚に踏み切っても、後悔したり同じことを繰り返したりして、人生がうまくいかない方が多いようです。

当スタジオは東京都にあります。対面式のコーチング・カウンセリング、電話やスカイプを利用したコーチング・カウンセリングを行っています。詳しい情報や料金を知りたいという方は、まずは初回おためしカウンセリング(個人相談会)をお受けください。